仕組みが詐欺に近いFXやバイオプの業者実態

バイナリーオプションとかFXの業者は半分詐欺です。

投資詐欺と根本が同じ仕組みで運営しているから口座凍結やら出金拒否が起こるわけで、投資業者としては世界に遅れを取っているんです。

日本のトレーダーは業者の不正すらリスクとして考えないといけません。

バイナリーオプションとか、FXが流行っていますが、こういった取引を取り扱う業者も時代的に結構辛いんです。

金融庁による規制締め付けもあって、なかなか利益を出しづらい状況になるのが理由らしいです。

でも取引は取引。契約は契約。

利益を出せる取引をしたのならば、その利益は顧客のものだし、そこから得られるマージンで業者は成り立つはず。

何より、顧客が負けたとしてもマージンは発生するわけですから、業者は別に問題なく利益を挙げられるはずなんですよね。

でも実際は口座凍結だの、強制退会だの、不払いだの、日本の業者はやりたい放題です。

儲かるはずなのに顧客から金を巻き上げるようなことをしている印象に、トレーダーも業者相手に裁判起こしまくりなんだそうで。

実はビビリな業者だから貧乏

海外では指定された取引を必ず実行するタイプの業者が多いらしいです。

なのでビジネスモデルは成り立ちますし、顧客が勝てば業者も勝てる仕組みなわけですし、顧客が負けてもマージンは確保できる。

だから問題ない。

じゃあなんで日本はこんな悲惨な状況なのか?

それは指定された取引を業者がいけるかいけないか判断して注文しないなんて言う事をやってるらしく、ひどい業者はほとんど注文せずに、マージンを中心にしてやりくりしてるとか。

要するに、預けた金を出金されなければ入金された金で自転車操業でもいけるだろう感覚です。

そういうのが許されているのが日本なんです。

ビビリな日本人らしいと言えばそうでしょうが、これ回収した金をそのまま配当に割り当てるような投資詐欺と何が違うのでしょうか?

ツールで儲けるのは不正という立場

問引き自体が人の手でやってる業者からすると、数秒ごとに注文されては作業が追いつきませんし、それに対応しようとすると人件費が爆発します。

何より大丈夫かどうかの判断も追いつかないのに利益が出たら困るので放置もできません。

なのでツールを使った取引は不正という立場を取っているわけです。

でも数秒に一回なら正直言って人力でもそんなに難しくはないはずですが…

要するにツールは不正というのは、人件費掛けられないからダメ、という本音と建前なんですね。

結局、ずるいやり方をさせている今の業者に対する規制がゆるいのが原因なわけです。

詐欺同然のやり口を国のお墨付きを与えてヤラせるからこんなことになるわけで。

こんなことしてるから国際も増えていくわけです。

残念!